看板製作、東京、看板デザイン、リニューアル致します。株式会社万兵衛〒131-0032 東京都墨田区本所1-14-5 看板撤去作業のご依頼 東京の看板製作・施工のことなら万兵衛まで
お気軽にご連絡ください。
TEL:03-6456-1411 FAX:03-6456-1433
E-mail:info@manbei.jp

当社のHPをご覧頂き有難うございます。
精神誠意、お客様の看板のデザイン、製作、施工に励ませて頂きます。

お問合せ
看板のデザイン
看板製作施工
屋上塔屋看板
壁面看板(平看板)
行灯看板(内照式電飾看板)
置き看板(スタンド看板)
窓ガラスシート貼り(ウインドウサイン)
カッティングシート貼り(切り文字シート)
文字型看板
金属銘板
突き出し看板
自立看板
照明器具&ネオン修理
高所作業車による作業
お問合せから施工までの流れ
お問合せ
お見積とご提案
看板レイアウト
製作
施工
メンテナンス
弊社の特徴
よくあるご質問
会社概要
特定商取引法に基づく表記
個人情報保護方針
データー入稿の方法
データー送付先
お支払い方法

当社の施工STYLEをブログ形式でご紹介!
ぜひ、ご覧下さい!

東京都内の看板工事は、
実績豊富な竃恤コ衛にお任せ下さい!

弊社は、東京都を中心とし、看板の製作、施工、メンテナンス(看板の修理、電球・蛍光灯交換)を中心とした各種看板工事を行なっております。
創業6年目のまだまだ、新しい会社ではございますが、経験豊富(20年以上)なスタッフが多く、お客様にご期待に添えるだけの技量は十分にございます。
現在のご依頼の多くは、インターネットからの店舗様、オフィス様からのお問合せや、東京地元の工務店様、設計事務所様、不動産管理会社様などが多く、リピートも多くございます。

弊社が看板業として、
大都市東京で必要とされる理由!

その1.高所作業車を設備として所有しています!

★高所作業車の運転免許を所持し、操作に精通している
★設備として所有しているため「安く早い」

東京は世界一、ビルディングが多いとされています。
看板の多くは高所に取付けられ、作業する為には、「高所作業車」が必要になります。
当社ではお客様の要望に応える為、設備として高所作業車を所有しています。
そうすることで、1回あたりの高所作業車使用料を安くすることが可能になっています。

※但し、弊社の設備は15M級(階数でいうと4Fまで届く)の作業車です。
それ以上の高さの作業は「ロープアクセス」もしくは、重機をレンタルします。

その2.「ロープアクセス」で作業できる数少ない看板業者です!

★弊社は看板工事に精通したロープ屋としての役割を担います!

一般的な高所作業車が届く高さは27Mです。
ビルの高さに置き換えると7F前後になります。
27Mを越える看板工事は、さらに大きな高所作業車を使ったり、足場を組む必要があるので、大変高額な工事代金になってしまいます。
(一般的な高所作業車とは、業者が重機レンタルし自らが運転できる作業車のことを指します)

大掛かりな工事の場合は、もちろんそうする必要がありますが、そこまでしなくても、看板工事を完了させられる場合も多く、思ってたよりも低価格で、工事完了出来る場合もあります。
産業用ロープアクセスのギアを使用した、ロープの上り降り、さらにロープとロープを渡り歩く技もあり、かなりの広範囲に渡って技術者が行動することが可能です。
広範囲に渡る工事は東京圏内で最大6名でチームを組んでの作業も可能です。

技術者の身体に取付けられているギア類。
全て高度な破断基準をクリアしているヨーロッパ製のハーネス及びギアを使用しています。

★「ロープアクセス工法」が向いている看板工事★
  • 高所作業車が届かない高いところ(※7F以上の高い場所や屋上塔屋など)
  • 高所作業車を駐車すると他の車が通れなくなる狭い道
  • 高所作業車の騒音が問題になってしまう、ご近所対策が必要な場所
  • ビルとビルの谷間
  • 電線や電柱が工事の邪魔をする場所
  • 高所作業車を持ってくるのは大げさな簡単な工事
  • テントなどが邪魔して、梯子を掛けられない場所

東京ではあらゆる場所にこのような高所作業車でアプローチしにくい看板が存在しております。

その3.電気工事士の免許があること

大都会東京の看板の多くは電飾といって、夜に光る看板が多く、その多くの看板で、電気工事が不可欠となります。
点灯しなくなった看板の修理、器具や蛍光灯の交換作業は高所作業が多い為、電気屋さんの仕事ではなく、やはり看板屋の仕事の範疇です。

看板工事や修理には電気工事が絡んできます。
2種電気工事士が安心確実な看板工事を致します。

★メンテナンスメニュー(電気工事による安心工事)★
  • 蛍光灯の交換作業(蛍光灯及びグロー球)
  • 蛍光灯の不良器具の交換結線作業
  • 電球の交換作業
  • 漏電状態の検査及び、復旧作業

看板業は東京地元地域密着でないとならない理由!

看板屋は看板を取付けるまで施工場所に何度も行くことになります。
近ければ近いほど、旅費、人件費的な時間費用が抑えられ、安く、早く看板の取付けが可能になります。
また、看板というものは取付工事が伴う産業であるだけでなく長期間に渡ってのメンテナンスが必要という特徴があります。
そのため、クイックな行動には地域に密着している企業に依頼するのが最も効率的なのです。

看板工事のおおまかな流れ
  1. お客様との打合せ
  2. 現地調査
  3. 施工
  4. アフターサービス
    (メンテナンス)
メンテナンスの作業例
  1. 電飾看板の蛍光灯交換作業
  2. 腐食による看板修理
  3. 汚れの除去作業
  4. 古くなった看板の
    撤去作業他

世界最大規模の大都市「東京」で地元地域密着型の営業を行っている弊社では、「電球1個からの交換工事」のように如何に簡易な工事からでも承っております。
ぜひお気軽にお問い合わせ下さい!

弊社の5つのスタッフのお約束

“まず第一に、人として親切丁寧であること”
“電球1個からの交換工事も有り難く思うこと”
“看板を通じて、東京の発展に寄与すること”
“難しい施工でも、手間を惜しまず、チャレンジすること”
“地元東京で必要とされる看板業者を目指すこと”

同業者様からのご依頼も
ロープ工事を中心に
喜んで実施させていただきます!

高所看板でロープアクセスが
必要とされる物件がございましたら
まずはご連絡下さい!

TOP

Copyright(C)2007 MANBEI CO.,LTD. All rights reserved.